2016年12月15日

iPhone6の熱対策・落下対策事情A

前回記事の続きです。

前回記事
iPhone6の熱対策・落下対策事情

BunkerRingにほとんど不満はなかったのですが、さすがにズボンのポケットに穴が開き続けると、毎回に直してもらう妻に申し訳ないので、次の条件でiPhoneケースを探すことにした。

条件@ 落下防止対策が出来る(ストラップホールが有る等)
条件A 熱対策のため、背面を覆わない形状
条件B 充電時のケーブル接続が楽で有ること(持っているライトニングケーブルが使えること)
条件C 予算は2〜3千円

物を買うときに条件付けって必要なことだと思うのですが、条件が厳しすぎると心が折れそうになるんだよなぁ・・・

条件@、条件Aの点から真っ先に思いついたのが、いわゆるバンパーだったので、早速、Amazonで検索開始。
しかし、ストラップホール付きは予想よりも少ない上に、値段が高かったり、カスタマーレビューの内容が良くなかったりと。また、私が使っているライトニングケーブルが特殊な形状なので、条件Bに合わないので対象外だったり・・・

特殊な形状のライトニングケーブル(画像リンク先はAmazonです)


急に出てきたバンパーへの不安

ところで「iPhoneバンパーで電波の掴みが悪くなる」という問題はどうなったのでしょうね?
特にアルミ製バンパーのレビューを見てみると「電波の掴みが悪くなった」とかのコメントがチラホラあったので、なんとなくアルミ製バンパーを検索結果から避けてしまうようになる。

こうなると、対象商品がほとんどなくなるんですよね・・・
もうね、「iPhoneって裸で持つのがカッコイイよね」の心境になりそうで諦めていたところ、バンパー以外にはどんなもんがあるんだろうと、検索条件を変えて探して見たら

あったのよコレが!

バンパーじゃなくて、ラバー的な素材で、背面も開いてて落下対策できるヤツが見つかりました。
コレな。

Palmoなる商品。(米画像リンクはAmazon)



とりあえず5日間使って見た感想

@ラバー的な素材で、角を中心に一部を包む仕様なので、iPhoneの両サイドを持つ感じだとツルツル感はあるけど、角部分のラバー的な素材が持ち手の他の部分で触れるので、裸iPhonemに比べると、圧倒的に良い。

A画像でわかるように、ケースの間に指を入れて落下を防ぐタイプ。
 BunkerRingのRingになる部分を、背面のパーツで対応している。
 これなら、ポケットに入れても穴は開かない。

Bレビューに「指が圧迫されてうっ血」的なことが書かれていたので、かなりタイトな感じなのかな?と思っていましたが、実使用して見て、うっ血するような感じはなし。(ただし、個体差はあるかもしませんが、複数所有していないので検証不可能)

C 例の特殊な形状のライトニングケーブルでも問題なく充電可能。

D 角の防御力も高そう。出っ張りレンズ部分も保護している感じ。
  おもて面も一ミリ強出っ張るので、万が一の落下時の保護もいけそう(落ち方によりますが)

というわけで、今の所不満は無しです。

今後の使用で気になる部分としては、「使用によりラバー的な素材が伸びる」旨のレビューがあったので、これがどの程度の期間なのか?また、伸びたとして、ケースとしての機能に影響が出るのか?が気になるところですが、これはまた後日のお話し。




posted by 匹田こもり at 22:54| Comment(0) | 買ったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: