2016年12月10日

駒落ちが苦手だ(八町20161210)

というのも仕立てでの話。
駒を落としてもらっての話。

というのも、ずっと上手の方とも平手で指して頂いていたもので、
駒を落としてもらっての指し方がよくわからない。

「普通に攻めるように」

と言われるのですが、相手駒が少ないので、不要な時に攻めっ気だとか
目標となる駒がなかったりするので、色々と難しい。

逆に、下手相手に駒落ちをした場合、駒の運用が勉強になる経験もしているので
駒落ち戦が重要だということは理解しているけど、やっぱり下手だとアレ。

ひたすら手筋からやり直さないといけない。


【関連する記事】
posted by 匹田こもり at 18:22| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: