2015年03月31日

IngressFSなるものをご存知か?

どうやら沖縄で2回目となるIngressFS(イングレスファーストサタデー)を開催する事になりそうです。

FSはクロスファクション(青、緑両方が合同で実施する)で実施され、AGの交流や新規参入者のレベルアップを目的として開催されます。

また、別の視点としては「ゲームに慣れたAGのモチベーションの維持」や「ゲームテクニック等の情報交換」「エージェントプロトコルを皆んなで確認し守れるコミュニティ作り」という目的もあります。

詳細が決定次第、このブログでもお知らせしますが、G+のイベントページで参加受付を行う予定ですので、沖縄でプレイされている方で、G+のIngressコミュニティに参加されていない方がいましたら私までご連絡ください。

連絡先:hikitakomori@gmail.com
メール件名:「コミュニティ参加希望:*******←エージェント名」
メール本文例:「ブログ見たお。所属は青or緑 G+アカウント名は**だお」
てな感じでOKです。

青の方はIRO(IngressResistanceOkinawa)コミュニティの管理人に加入審査依頼が必要。
*コミュニティでは各種イベントの作戦内容も掲載されるため、快適なプレイ環境維持の観点から簡単な審査を行っております。悪しからずご了承ください。
緑の方は緑リーダーに紹介という形になります。

その他ご質問等がありましたら、上記メールアドレスへお問い合わせください。



posted by 匹田こもり at 21:48| Comment(0) | Ingress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偉そうな事を高いところから言う練習


HikitaKomoriの私見を書かせていただきます。
気分を害される方もいるかと思いますので、あらかじめご了承ください。

みなさんIngressを楽しんでますか?
すっごく楽しんでいる方も、そこそこに楽しんでいる方もいて、その楽しみ方も様々ですよね。
しかし、多くのエージェントに共通する「楽しみ」はやはり有って、その一つが「レベル8までの過程は楽しかった」という事だと思います。

そして、レベル8を越えると、最初のうちは8レゾを刺さないといけない義務感が有り、そのちょっとした緊張感はIngressという世界の中でより強い存在になった気がして、さらにIngressの楽しさに気づくことでしょう。
楽しいものって、一気に味わい尽くしたくなりますよね。

新たな問題

そうしていくと、8レゾが足りなくなったり、8バースタが足りなくなったり、パワーキューブが足りなくなったりと不具合が発生します。

そこで気がつきはじめます。
「レベル8のエージェントが8名いなければ、レベル8のポータルは作れない」
そうです、レベル7のポータルからも8のアイテムは出ますが、非効率的ですよね。

でも、この事はIngressのルールとしては解っていた。

しかし、いざ自分が補給する時に都合よくレベル8のポータルは無い。
有ったとしても数が少ない、これは効率的に補給ができない。
これでは効率よくAPや実績を稼ぐことが出来ない・・・

では、どうしたら効率よく補給ができるのか。(どうしたら8ポータルを作れるのか)
ここに至るまでに、すでにG+や地域HO等のなんらかのコミュニティに参加して他のエージェントとコミュニケーションが出来ている方とそうで無い方に分かれると思います。

効率の良い補給

参加している方なら、ファームについて情報を得ています。
参加していない方は、レベル高いポータルが密集している補給効率の良いポータル群が広がっているように見えるでしょう。

前者は、何時そこにレベル8ポータルのファームが発生するか知っています。
後者は、そこが完成した後に知ることが、又はその過程を見て知る事ができます。

結果として、コミュニティに参加している方もしていない方も補給が可能です。

しかし、構築されたファームは相手の勢力の補給源になるとともに、攻撃の対象ともなるので、必ず破壊される日が来ます。また、常時設置型のファームは、自勢力にも有益ですが相手勢力にも同じく有益です。
しかし、相手勢力はポータルやリンク、コントロールフィールドを破壊し、自軍ポータルとして構築→コントロールフィールド作りを行う事によりAPや実績を得ることができます。

相手勢力ファームで補給からの即破壊

言うなれば、ファームは補給が出来る上にレベルアップにもつながる美味しい場所なのです。
このことは、どちらかの勢力が構築したファームを破壊する事を否定するものではありません。
ファームを破壊する事により自勢力及び相手勢力のエージェントの利益につながるからです。

「なぜファームの破壊が両陣営のエージェントの利益につながるか。補給の説明と矛盾しているのではないか。」
と疑問に思う方もいるでしょう。
少し解説すると、この事は経済活動に近いのです。
「製造と消費がなければマネーは循環しない」と同じ事が言えるのです。
つまり、完成されたファームは「自勢力の他のエージェントに補給以外の利益を提供しない」と言い換える事もできます。これがレベル8以下のエージェントであれば、さらに得られる利益は減少します。(AP経済活動論)

ファームの形

この事により、常時設置型のファームに疑問を覚えるエージェントが発生します。
しかし、効率の良い補給はしたい。
そこで、対応策としてFF(フラッシュファーミング)が有ります。

フラッシュファーミングとは、目的レベルのポータルを作成できるエージェントが集まり、補給効率の上がるMODをインストールし、補給完了又はバーンアウト後にジャービス又はADAで反転しポータルを破壊。
名前の通り瞬間的なポータル作成を目的として行うイベントです。補給後に破壊するので、参加者以外にアイテムを効率的に補給させないという特徴があります。

FFにしろ、常設型ファームにしろ、他のエージェントとの意思疎通が発達していなければ出来るものではありません。とくにFFに関して、例えばレベル8ポータルを作成したい場合、同じ時間にレベル8以上のエージェントを集めることが出来なければ意味がありません。

コミュニティの問題点

Ingressはソロでも出来るゲームですが、補給や情報交換、アイテムの融通を考えた場合、コミュニティに属するほうが有利だと考えています。その理由については、上述の通りです。

さて、前置きだけで長くなりましたが。

コミュニティに属する事で、他のエージェントと接する事は避けられません。
そしてIngressスキャナーの先にはリアルの人間がプレイしています。
皆様も実生活の中で経験があるかと思いますが、人はそれぞれ思考も嗜好も経験も立場も違います。
つまり、色々な考えの方がいて、中にはコミュニティの利益と異なる考えを持っている方もいます。
そこに衝突が発生する場合もあり、リアル人間関係として禍根を残す事もあります。

では何が大切なのか

Ingressをプレイする事によって生じるストレスを得る目的で、Ingressを楽しんでいる方は極少数だと思います。
ほとんどの方が楽しくプレイしたい。と思っている事でしょう。
しかし、所属しているコミュニティによって苦痛を得たり、ストレスを感じたりする場合は、Ingress又はコミュニティに対して距離を取ることが有効策の一つだと考えます。

距離の取り方は、その方の対人スキルによって様々だと思います。
理想的な事を言えば「楽しい部分だけを共有できる距離」という方法もあります。
もし余裕があって、自分のプレイ環境やコミュニティをちょっとだけ良くした。ちょっとだけ手伝える。という気持ちをお持ちでしたら、コミュニティのリーダーに声をかけて頂ければ、すごく喜ぶと思います。

みんな、仕事や生活とリアルの生活の合間を縫ってIngressをプレイしています。
そして、コミュニティの運営や連絡係というのは誰にでもできるものではないと思っています。
なぜなら、人には得手不得手があり、そしてIngressは様々な職業や経験をしてきた方が参加しています。運営が得意な人、連絡が得意な人、企画が得意な人、グッズ作成が得意な人、色々といます。自分が得意な部分だけを提供して、必要な部分のみに接触して、必要のない部分は距離を取るといった事があっても良いと思っています。

何もしていないという事はない

コミュニティの中で、何もできる事が無いと考えて焦る必要はありません。
FFに参加したり、同じコミュニティのエージェントのポータルを補強する。知り合いエージェントのガーディアンポータルをリチャージで応援する。色々とコミュニティに貢献できているのです。

そして頑張りすぎている方へ

Ingressが苦痛になっている。そんな気持ちはありませんか。
スキャナを起動する気も起きない。HOを見るのが、G+を開くのが苦痛。
そんな時は、Ingressやコミュニティとの距離を見つめ直し、別の事に時間を当てる事も必要ではないでしょうか。たとえばIngrssを始める前の趣味とか、家庭とか仕事とか。
少し時間をおいてIngressを遊びたくなったらやればいいし、やりたくないないらもっと時間をおけば良いと思うのです。

Ingress歴は6ヶ月程度と短いのですが、私自身の経験や周りの方のお話を聞いて、今回の考えを文字にしてみました。たかが6ヶ月ですが、ちょこちょことトラブルがあり、相談したり相談を受けたり解決に動いたりと楽しくないことも経験しました。

読み返さなくてもまとまりのない事を書いてるなと思いつつも、綺麗にまとめるのもエネルギー消費が大きいのでやめときます。

Ingressに限らず、人を夢中にさせる物は毒にも薬にもなります。
なので、この一言は大切なのではないでしょうか。
「用法用量を守って、正しくお使いください。」







 







posted by 匹田こもり at 00:04| Comment(0) | Ingress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

初めて将棋ブログらしい記事を書く

素人は将棋の記録をつけろ。
とのご指示がありましたので早速。

昨晩の対yamaneさん戦の一場面。
細かい配置は図面の通りではありませんが、形はこんな感じでした。

発端は△7三桂

4Pk.png
これを事もあろうか▲8六歩で迎え撃つ暴挙。
この後、もちろんこの歩が祟りました。

さて分析開始

Hikita下手すぎワロタwww
先にやることあるでしょ?バカなの?死ぬの?
私女だけど、自分から矢倉の歩を上げる男の人ってry

と、いろいろ言われてもおかしくないレベルの悪手ですよね。

なぜ、この手を指したのか。その理由ですが、後手が7筋の歩を切って後手桂8五に来た場合、▲8六銀→△7七歩打でさっくり矢倉を崩されるというパターンを対コンピュータ戦で散々にやられていたので、恐怖症になっていたのです。そこで例のチキンハート発動で・・・という理由です。

もう少し棋力が付いてきた時に、この記事を読み返して身悶える。というドMプレイのために。そして自分への戒めとして黒歴史を記録します。

ところで、棋譜を残すことは後に自分の手を見直すためにも大切だと言われていますが、PCやiPadでの対戦なら自動記録ですが、実盤で指す時は手書き又はiPad等の自由将棋盤的なアプリで同じ手を指すしかないかと思いますが、実盤で自動記録してくる盤とかないのかな?と思ったら、Andoroidアプリでカメラを使った自動棋譜保存アプリを作成している方がいらっしゃるのですね。

しかし、泥端末は一台もないしな〜 Hamachiあたりに頼んで試験導入してもらうか。

posted by 匹田こもり at 20:49| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする